So-netSo-netキーワード

ツイートする
Yahoo!ブックマークに登録
ブックマークする
クリップする
Buzzurlにブックマーク

肉まん

肉まんとは

中華まん (ちゅうかまん)とは、 小麦粉 酵母 などをこねて発酵させた柔らかい皮で、具を包んで蒸し上げた 饅頭 である。 中華圏 包子 (パオズ bāozi)と呼ぶものに相当する。

歴史

元々は 中村屋 1927年 に中国の包子を元に、日本人向けにして、売り出した中華饅頭が最初とされている。以後、中華まんが広く食べられるようになった 1

概要

一般的には豚肉などを入れた肉まん(地方によっては「豚まん」と呼ばれることがある)や 小豆 のあんまんが代表格である。近年では、ピザまん、カレーまん、海鮮中華まん、餃子まんなど、多様な変り種の中華まんも販売されている(後述)。また、『○○ロール』と呼ばれる細長い形状の種類も存在している。 コンビニエンスストア では、8月~9月頃より 冬季 にかけて出来上がったものが保温されて販売されている。

主な具の種類

中国由来

肉まん、豚まん(にくまん、ぶたまん)
豚肉 タマネギ タケノコ 、干し シイタケ などを みじん切り にして煮たものを入れる。 干し貝柱 オイスターソース フカヒレ などを入れることもある。日本では ピロシキ の具もこれに近い場合がある。皮の上部にはひねったような模様がつけられ、外見であんまんと区別される(作るときも具をそこから入れて閉じるためという側面もある)。 関西 地方では主に「 豚まん 」の呼称が使われる(関西では「肉」といえば一般的に牛肉を指すため)。大阪の 551蓬莱 は特に有名(なお、初期には牛肉入りの「肉まん」と鶏肉入りの「鶏(かしわ)まん」もあった)。また横浜の中華街などでも豚まんと呼称する店舗もある。
中国 南部での朝飯主流のまんは三種類ある。豚肉や中華葱、醤油、老酒などで作る肉まん、小白菜、干し豆腐と椎茸が入っている野菜まん、そしてあんまんである。それ以外にも野菜肉まんやいろいろな種類がある。皮は日本のものより薄くジューシーでよく好まれている。 
あんまん
小豆 こしあん...
提供:wikipedia

ショッピング「肉まん」

関連キーワード

RSS

「肉まん」を含む口コミ

Q&A